【30秒で掴む】 TOEIC L&R 試験の概要(とポイント)

「TOEIC試験 最低限これだけおさえておこう!」を目次のみで説明。

もう少し詳しく知りたいなという方は目次から該当箇所に飛んでくださいね。
さぁ さっそく見てみましょう!

TOEIC L&Rとは:「Listening:聞く」「Reading:読む」英語力を測るためのテスト

グローバルスタンダードとして世界160カ国で実施されており、日本で受けて得たスコアは海外でも通用します。

日本のみの資格である英検に対して、メリットともいえます。

ポイント
ポイント

実際に他の国でTOEIC受験した経験がありますが、本当にたくさんの受験者がいましたよ。特に若い人が多くて印象的でした。

リスニング、リーディング、合計200問を2時間で解くマークシート形

リスニング(45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)に分かれており、試験は45分間のリスニングから始まります。

リスニング中にリーディングのページを見ることは禁止されているので、リーディングもきっかり75分です。

マークシート形式なのでわからなくても、最後まで塗りつぶす!これがとても大切です。

問題構成:PART1~4のリスニング+PART5~7のリーディング

英語によるコミュニケーション能力を幅広く測る目的があるため、問題で描写されるのは 身近な日常シーンやビジネスシーンです。

リスニングセクション
(45分間・100問)
Part1写真描写問題 6問 
Part2応答問題 25問 
Part3会話問題 39問
(会話文13個x設問各3つ) 
Part4説明文問題 30問
(会話文10個x設問各3つ)
音声を聞いて設問に解答

リーディングセクション
(75分間・100問)
Part5短文穴埋め問題 30問
Part6長文穴埋め問題 16問
(長文4個x空所各4箇所)
Part7文章問題 1~3つの文章で構成 54問
1つの文書:29問(大問10個x設問各2~4つ)
2つの文書:10問(大問2個x設問各5つ)
3つの文書:15問(大問3個x設問各5つ)
 印刷された問題を読んで設問に解答

サンプル問題が公式ページにありますのでリンクをのせておきます。

気になる方は見ておくとより具体的に問題形式がイメージできますよ!

注意事項:リスニング中にリーディングの問題を見るのは禁止。

TOEICにはいくつか注意事項があり、場合によっては退室や受験資格の剥奪などもあるので要注意!

問題用紙へのメモ、撮影や録音も禁止

  • 解答用紙の所定欄以外への書き込み(問題用紙へのマークを含む)
  • 試験開始前や終了後に問題を見る・解く
  • 撮影、録画、録音、複写

この他にもいくつかありますが、初心者の方がやってしまいがちなのは リスニング中に問題用紙にメモを書き込んでしまったり、ついリーディング問題を見てしまうことです。

これらは禁止事項のため注意です。

リスニング中に他のリスニングPARTを見るのはOK! 

ここはうまく活用しましょう!

ポイント
ポイント

問題説明のアナウンス中に、リスニング後半の図表問題を先に眺めておくと、後で先読みリズムが崩れたときにも役立ちますよ。

結果形式:トータル10~990点の「スコア」として表示

テスト結果は合格・不合格ではなく、リスニング5~495点、リーディング5~495点、トータル10~990点のスコアで5点刻みで表示されます。

答えがわからなくても制限時間内に必ず全てマークしてしまいましょう!

ポイント
ポイント

時間配分を決める際、「残り何分になったら塗りつぶしの時間にする」というマイルールは必ず決めておきましょうね。

テスト結果はOfficial Score Certificate(公式認定証)として発行

公式サイトより

就職やキャリアップなど、証明書があると示しやすいですよね。

ちなみにインターネットで受験申し込みをしていると、認定証が手元に到着するよりも早く スコア結果をインターネットで知ることが出来ます。

この公式認定証はTOEIC受験者の間では「アビメ」と呼ばれています。

正式名称はABILITIES MEASUREDで、リスニングで5つ、リーディングで5つの項目における受験者の正答率が認定証内に記載されています。

ポイント
ポイント

これをしっかり確認、分析することで自分の弱点がわかり、次に活かせますよ。

まとめ&今後の試験日程

TOEIC L&Rとは:「聞く」「読む」英語力を測るためのテスト

◆リスニング、リーディング、合計200問を2時間で解くマークシート形式

◆問題構成:PART1~4のリスニング(45分間・100問)+PART5~7(75分間・100問)のリーディング

◆リスニング中にリーディングの問題を見るのは禁止

◆結果はトータル10~990点の「スコア」として表示

◆テスト結果はOfficial Score Certificate(公式認定証)として発行される

今後の試験日程

※新型コロナウイルス感染の拡大防止と試験会場の確保状況から、当面の間は抽選方式での申込受付となっています。

最新情報や試験日程、開催場所は公式サイトで確認しておきましょう。

補足
補足

2021年10月、受験料が7,810円に改定されました世界的にもTOEIC受験料は年々値上がりしているんです。今後も値上がりしていくでしょう。

おまけ:目指す英語レベルのイメージ別目標スコア換算表

「自分は今どこにいるのか」「自分の目標はどこなのか」イメージしてみましょう。

ポイント
ポイント

目標スコアがわかれば、そのスコアに対する頻出単語、対策、時間配分の目安などがわかります。 目標をたてること、それに合わせた学習内容を選ぶこと、大切ですよ。

目標スコアレベルイメージ
会話レベル (スコア470点)「片言でもいいから何とか会話したい」
出張レベル (スコア600点)「通訳をつけず一人で海外に行き、最低限の打ち合わせをしたい」
駐在レベル(スコア730点)「海外に駐在して、何とか商談をこなしたい」
セミプロレベル (スコア860点)「翻訳者、通訳者など英語を使った仕事をプロとして選びたい」
プロ通訳者レベル(スコア950点)プロの通訳者への第一歩、もしくは“書く英語”の仕上げに入る
TOEIC公式サイト 千田潤一さんによる「英語力向上のコツ」より
\公式サイトでは「目標設定お助けツール」というものも用意されてますよ/
応援隊!
応援隊!

TOEICが気になってここに辿り着いた今日があなたの最初の第一歩!

応援しています!一緒にがんばりましょう!

いつもありがとうございます!!
@eigodekaiwa
ハート

タイトルとURLをコピーしました