【TOEIC PART3 編】スタディサプリだけで935達成の私がまとめる重要テクニック&パターン集

PART3 会話問題 39問

2人または3人の人物による会話が1度だけ放送

会話を聞いて問題用紙に書かれた設問文と4つの選択肢を読み、最も適当なものを選ぶ

・放送で流れる会話文と問題用紙にある図表を関連づけて解答する問題もある

応援隊!
応援隊!

PART3,4は本格的なリスニング。特にPART3は会話形式なので、リンキングも多発します!

「設問の先読み→聞く→解く→次の設問の先読み→聞く→解く」をテンポよくこなスことが大事ですよ! まとめでは理想的な先読みについても触れますね!

\他PARTについてはこちらから/

1.スケジュール変更

◆スケジュール変更はTOEICの超頻出パターン。必ず関連表現をおさえる。

スケジュール変更で頻出|「regarding」「change」「instead of〜」

Regarding:aboutと同じ意味。文頭にある時は「〜に関して」と話題を提供する役割もある。

change:この単語が出ることでこの後何か変更点があることを示唆している。

instead of変更に関する代打案やその後の変更後のことにもしっかり言及してくれる。

特に重要なのが「instead of」
この単語の前後で変更に関する重要な話の展開があるため設問でも高確率で狙われる

ポイント
ポイント

とにかく「instead of」 が出てきたら全力で注意してみて!

2.会社同士のやりとり

◆頻出パターンの王道の流れを押さえておくと楽!
話の展開が予想できれば、イメージしやすく記憶に残りやすくなります。

ポイント
ポイント

必ずしも王道で来るかはわかりません、本文は本気度100%で聞きましょう。

普段の演習時から、会話をイメージして記憶に残す練習をすると良いですよ!

ビジネスシーンの王道パターン: やりとり → トラブル → 対処

典型的に使い慣れている言い回しフレーズほど、はっきりと発音されないので注意!

日本語でも「らっしゃいませ〜」「あざーす」など、形が崩れているけど、使い回されているからこそ意味が予測できるものありますよね。英語も同じです。

頻出表現 例

Could you see if 〜?:~かどうかを確認していただけますか?
 see:確認する / if 〜:〜かどうかを
※「see if」はリンキングで「if」が消えやすく「スィ(フ)」と発音される

In that case:その場合には
※リンキングサウンドで th が消えて「インナッケー(ス)」と発音

【その他 押さえておきたいビジネスの頻出単語】
work:がんばる、機能する

3.申込み、予約、依頼

申込み、予約、依頼の典型的なパターン: 買う → 選ぶ → 注意事項がある 

例)きっぷを買いにいく → 席を選ぶ → 超過料金がかかるか確認する

◆TOEICには「ツアー」関連が非常によく出る
※日本語の「ツアー」ではないので「tour」の発音は押さえておく

【TOEICで出てくる「旅」単語イメージ】

travel:遠方や比較的長期的な移動を伴う旅行
trip:短期旅行
tour:数カ所をめぐるイメージ、日帰り

それぞれの単語には上記以外の意味もあるので注意。
例)travel:日常シーンの単なる「移動」の意味としてTOEICで出てくることも。

補足
補足

バスケのトラベリングは「travel:移動」の意味から来てる言葉ですね。

「travel」「trip」「tour」を聞いて瞬時に旅関連の話だな と掴むためにも、各発音をしっかり押さえておくことが重要!

4.お店とお客のやりとり

お店とお客のやりとり頻出パターン:お店はセールや特売をやっているが、商品は売り切れが多い

【超重要単語】 
Actually:実のところ

意外な展開が待ち受けているときに使う単語、その後の流れが設問で狙われる可能性が高い

※「話の流れの変化」は設問になるので「but」「however」「though」「in spite of」「even」のような逆接を導く単語が出てきたら特に注意して聞く!

○○-free:「〜がない」という概念表現

smoke-free:禁煙(煙がない)
alchol-free:ノンアルコール (アルコールがない) 
sugar-free:砂糖なし

5.社員同士のやりとり

ビジネスシーンもテーマの1つであるTOEIC。会社内のやり取りは頻出です。

「社員同士パターン」「仕事の締切系パターン」がよく出る

特によく出る内容と流れは次の2つ。

◆社員同士パターン:「同僚や上司にものを頼む」「フィードバックをもらう」

◆仕事の締切系パターン:「締切に間に合う」「 間に合わない」 → 間に合えば〜できる

【超重要単語】 
by the way:ところで

・話の内容自体がガラリとかわるほどの強力インパクト単語
・「話の転換」は設問ポイント。転換後の流れを聞き逃さないようにする!

6.3人の会話

PART3の13セットある会話文のうち約2セットは男女3人での会話形式

3人の会話への対応方法:出てくる人名にとらわれず内容の理解に注力する

・3人パターンでは人名がよく出てくるが、基本的に男か女かの判断でOK。
・男女の違いを意識できるだけでほとんどの問題はとれるようになっている。
「半分とれればOK」というくらい3人での会話は難しい。

スタディサプリTOEIC パーフェクト講義動画より

膨大な数のTOEIC受験生を見てきている関先生の言葉だからこそ、安心しますし納得できます。

経験談 補足

この「人名出てくる」パターン、私自身も実際に慣れるまで何度となくミスを繰り返して苦労した分野のひとつです。

設問文で出てきた「人名」を聞き取ろうと躍起になって他の部分を聞き逃したり、新しく登場した人名に「知らない単語?」それとも「人の名前?」とパニックになるのは皆同じ。

皆がミスしやすい部分でも1つでも獲っていくことが、自分の自信とスコアアップに繋がります。

「「人名」ではなく「男女の違い」というおおまかな枠で捉え、本文の内容自体を聞き逃さない」よう繰り返し練習してみてくださいね。全問不正解だったところが1問、2問と取れるようになりますよ。

※自分の馴染みのない単語はどうしても思考停止してしまうもの。だからこそ、英単語学習で知っている単語を増やすことも大切ですね。

かぁさん
かぁさん

TOEIC学習って基本1人でがんばっているので、先生がくれる他の受験生のお話は学習中 本当に救われてました! そっか〜皆もここは難しいのね、、、と。

難しいな、なかなか伸びないな、と悩んでいるのはあなただけじゃありませんよ、大丈夫!

7.意図問題

◆意図問題は”本文中のセリフ” が設問文に提示され、「imply」や「mean」を問われる問題

◆設問文内の「本文中セリフ」から確実な事前情報を得られるのが意図問題のメリット

意図問題の解法:選択肢は設問文の中のセリフに対して「だから〜だよ」と続くものを選ぶ

【解法例】
設問文)
What does the woman imply when she says, “you spent two years in Spain, didn’t you ?”

正解)
“you spent two years in Spain, didn’t you?” の意図を問われた文に対して

→「だから She wants the man to talk with a client. だよ」となる選択肢が正解でした。

ポイント
ポイント

設問を事前に見た時点で、「2年間スペインにいたこと」が関連した話という心構えができますね。事前情報ゼロの状態で挑むよりも、話の内容に入り込みやすくなりますよ。

8.図表問題

放送で流れる会話文と問題用紙の図表を関連づけて解答する問題

図表を先読みで把握しておけば、会話文の聞くべき重要個所が事前にわかる

表問題:選択肢に出ているキーワードと反対のものが本文として流れる可能性が高い


◆設問の順番は話の流れの順番
 → 問題本文全体のどの当たりで図表関連の話題が来やすいかを心構えしておくとキーワードを見つけやすくなる

【解法例】

「設問の選択肢になっている赤枠部分のキーワードと反対側の青枠のキーワードが本文で出てくる可能性が高い」と予想をして青枠のキーワードを意識して本文を聞く。

実際にリスニングで流れた本文を確認すると「2.5 meters!」という男性のセリフが出てきている。

よって解答は「External width」の B を選べば正解。

先読みのリズム崩れに注意!

・図表問題はPART3の13セットの中で最後の方に出題されるため、その前までに先読みリズムが崩れてると 大きく影響を受けてしまう

・図表問題をしっかり先読みするためにも、前の問題を引きずらないマインド面の訓練も大切

かぁさん
かぁさん

私自身はPART1, 2のディレクションでもPART3, 4の図表をチェックしてます。(※リスニング試験中にリーディング問題の閲覧は不可ですが、リスニング問題なら先見OK!

各PART冒頭にある比較的長いディレクションを何に使うかは個人の自由。うまく使いましょうね!

【重要単語】
initially:はじめは〜

「はじめは、、、」とあえて言うときは たいてい後から話がひっくり返るので続く文に注意

※話の流れが変わるポイント = 設問で狙われやすいポイント!

TOEIC PART3 頻出パターンまとめ

PART3 頻出パターン

スケジュール変更
◆会社同士のやりとり
◆申込み、予約、依頼
◆お店とお客のやりとり
◆社員同士のやりとり
◆3人の会話
◆意図問題
◆図表問題

PART3特徴、注意点

【PART3特徴、注意点】

①基本、英文は全部聞く心構えで挑む
・設問に対応する部分は重要だが、会話には流れがあるのでしっかり「英文を全部聞く」ように心がける。

②※設問は先読み必須
(後ほど詳しく)

③気持ちの切り替えは大切
わからない場合や迷う場合は自分ルールを決めておく(例「迷ったらA」)
・先読みリズムが崩れると後の設問も一気に崩れていくので要注意!

④頻出表現、慣用表現はしっかり押さえておく
・決まり表現であるがゆえにリンキングが発生して聞き取りにくくなる
・リンキングした際の発音まで押さえておくことが大切。 (例:see if(スィ(フ))

リスニング問題|先読みテクニック

【重要】理想的な先読みとは

PART2終了後PART3開始までのディレクションも有効に活用

出典:TOEIC 公式サイト

※PART3のディレクションだけでも約30秒の時間が与えられています。


PART2の最後の問題を解き終わり次第 先読みタイムに入り、上手く活用しましょう。

◆(関先生おすすめの)理想的な先読み確保時間は13秒以上
・PART3は問題本文の音声終了後、設問文の読み上げ(約5秒)と無音の解答時間(約8秒)が各設問毎にある
・本文の音声終了後 できるだけ素早く3つの設問解答を終え、次の問題の先読みに移る
(※遅くとも3番目の設問文の読み上げ(約5秒)と無音の解答時間(約8秒)の約13秒を次の問題の先読みにまわせるよう意識する)

スタディサプリTOEICのPART3 演習でも各問題の本文音声前に13秒の先読みタイムが設けられており、受講生は約13秒の先読みタイムの使い方を日々訓練していますよ。

出典:スタディサプリTOEIC PART3

設問文の先読みは必須、選択肢まで読むかどうかは個人の好みで判断
(NOT問題以外 4つの内3つの選択肢が不正解の情報であることに注意)

【時短テクニック】設問先読みを1度で記憶する方法

TOEICには設問にもパターンがあります。だからこそ既に演習を何十回と解いて出題パターンを把握できていればキーワード拾い読みが有効。

※関先生は基本的に「拾い読み」は推奨していません。これはあくまで何百回も設問先読みを繰り返した結果の楽な方法です。

重要キーワードだけ拾い読みする PART3編

【青字のキーワードだけで設問の大枠を掴む】
(※下記の設問例文はTOEIC公式サイト サンプル問題PART3より)

Why is the woman calling?

What does the man ask the woman about?

 ・What does the man offer to do?

Where do the speakers work?

 ・What does the woman say the man should be prepared to do?

 ・What is the conversation mainly about?

Why does the woman say, “I can’t believe it”?

 ・What problem does the man mention?

・Look at the graphic. What size screen will the man order?

※拾う単語数が減るので、その文記憶しやすく時短にもなる

かぁさん
かぁさん

個人的には設問Q1→Q2→Q3→Q2→Q1の順に先読みし、リスニング本文に挑む方法が好きです。

演習の際に自分の好みのやり方を見つけて、しっかり定着までできていると本番でも焦らずに先読みリズムが保てますよ。

参考資料

スタディサプリTOEIC
英単語、英文法、PART別の対策、過去問までTOEICのすべてが詰め込まれた最強アプリ

\「スキマ時間のみで目標達成」は誰でも可能/

この記事は関正生先生の神講義授業を受けて執筆しています。
スタディサプリTOEIC

\他PARTについてはこちらから/
いつもありがとうございます!!
@eigodekaiwa
ハート

タイトルとURLをコピーしました